観戦、対局、勉強、交流世界最大級の囲碁プラットフォーム

野狐囲碁

スライドイメージ

囲碁日記一覧

内岡泰明のぼやき

2016年09月13日

前回、囲碁普及の話をして思い出したことがあります。
私の祖父は囲碁のルールを知らなかった人でした。しかし棋士を芸を究めた人として大変尊敬していました。
私がこどものころ指導碁をうけたとき、幼な心にこんなに払うのかと思った額を払っていましたし、色紙を揮毫してもらっても謝礼を包んでいました。もちろん食事代は祖父が払っていました。
そんな時間を一緒に過ごしていて、棋士はえらい人なんだなと痛感したことをよく覚えています。
少し前(といっても20年以上は前でしょうか)、囲碁棋士はこんな待遇を受けていました。だからこそいまのような世の中になって、棋士は時代に合わなくなっているとも言えそうです。実際はバブル経済が崩壊したころから、大口の旦那衆が少なくなったように感じます。
いま囲碁界は若者に教えようという動きが活発です。教わる側に悪気はないのですが、若者は囲碁の棋士に友達感覚を求めることを忘れてはいけません。
するとどうなるか。
教授料もシビアに査定、懇親会だって割り勘。つまり、最初は囲碁を教えてくれる人としか見られないのです。囲碁を知らない人にとって、棋士を決して芸を究めた達人として尊敬しろということこそ難しい話です。
いま若い人が敬意を払う人はどんな人なのでしょうか。
ネット時代に逆行しているようですが、テレビで活躍している人に視線が集中しているように思います。
スポーツ選手も、テレビで繰り返し報道される選手だけが著名になり、にわかファンの注目を集めています。ラグビーの五郎丸選手はその好例でしょう。多くの人が、他のラグビー選手に詳しくはありません。
しかし実際はメディアに取り上げられていない人にこそ、素敵な人がいます。囲碁界にはそんな人が多いのではというひそかな思いがあります。
囲碁ファンの楽しみ方が芳醇なのは、誰かから強制されているわけではなく、自分が楽しいからやっているところにあります。そして自分が素晴らしいと感じた人を応援する。主体的な活動だからこそ、楽しさがあるのでしょう。
昔と今とでは、棋士の置かれている状況は違います。昔の方がよかったというのは簡単です。しかし時代は逆走しません。若者の心をつかみ、囲碁を優先順位の上位に置いてもらうようなファンを増やすしか、囲碁界が盛り上がる方法はありません。業界とファンがいい関係になることこそが大切だと考えます。

 

記:内岡泰明(うちおか・やすあき)
級位者ながら囲碁界のニュースをウォッチングするのが趣味。囲碁イベントにもよく顔を出しています。仕事が早く終わった日に、家で野狐囲碁を楽しんでいる。

合肥ペア戦

2016年07月04日

4月末、中国安徽省の合肥という町でペア戦が行われた。合肥は三国志の中で合肥の戦いが行われた場所だ。

日本からは今年の優勝ペアである村川大介九段・王景怡会津中央病院杯ペアと、レジェンドという枠で依田紀基九段・吉原由香里六段が参加した。依田九段は、過去に世界戦で何度も優勝を果たしていることもあり、中国でも非常に著名で人気がある。中国のレジェンド枠は常コウ九段夫婦ペア、韓国からはイチャンホ九段と、かつて世界戦囲碁界の頂点を築いたメンバーが揃った。

吉原六段のよると、対局前に依田九段は「今回は出場することに意義があるね」と優しい言葉でリラックスさせてくれたとのこと。依田九段もまた三国志が大好きで、今回の旅をとても楽しみにしていたようだ。

到着してすぐに記者会見が行われ、地元のファンが手厚い歓迎をした。依田ペアの相手は抽選で中国の若手、周しょう羊九段、魯佳二段というまさに旬なペアに決定。

IMG_4292

IMG_4291

楽観派の依田九段と悲観派の吉原六段。優勢の対局を吉原六段はかなり悪いと悲観していたようだ。

終局直前、相手ペアがダメ詰めでコウを仕掛けてきた。もしかして、「これは中国ルールならではのダメで頑張るという筋!?」と吉原六段は感じたそうだ。結果はその通りで1劫足らずにダメを相手が一つ多く詰めて依田ペアの半目負け。ニュースでこのようなことがあることを知っている読者もいると思うが、日本ルールでは起きない珍事(?)が起きて依田九段ペアは惜しくも敗退した。

対局中、隣で常コウ九段の悔しそうな大声が聞こえてきた。後で聞くと、優勢の碁を奥さんの張セン八段が詰碁を間違えて敗退してしまったとのこと。思わず悔しくて「こんな詰碁もわからないなんて!」と話していたらしい。奥さんも負けず「あなたこそ何でここに打たなかったのよっ!」と話していたとか(笑)。その後の昼食の間も激しい言い合いが続く。プロの碁に対する執念が見られる場面だ。しかし数分後に常コウ九段に会うとニコニコしながら、「ペア碁は負けたら男の責任だから」と話す。切り替えの良さもプロである。

敗退した棋士達は午後に地元の中学校で指導碁を行った。小学生を相手に四面打ち。「みんなとてもかわいくてそっぽを向きながら打っていたり、打ったところをずっと指示してくれていたり、どこの国の子供も一緒だなと思いました。」と吉原六段。

 

次の日、選手達は安徽省を観光。安徽省は歴史に出てくる著名な人物を数多く輩出した場所だ。そういった人々を紹介する巨大な記念館に訪れた。三国志に出てくる有名な武将や、関羽が戦で毒矢に当たり負傷した際、手術を行った名医「華陀」も展示されている。

ゲームで三国志に詳しい依田九段は大喜び。「諸葛孔明は知性が100なんだ」「誰々は魅力がいくつだ」といったゲームの登場人物すべての数値を把握していて、非常に詳しい。

少し離れた田舎のレストランでは地元の農家の方が作った肉や魚、野菜がふんだんに使われたお料理が出され、非常に美味であった。

次は別の中学校を訪れた。そこは囲碁のプロが来ることはめったにないそうで、棋士達は大歓迎を受けた。吉原六段はあまりのサイン攻めにAKBになったかと錯覚するほどだったとか。

閉会式の後には、エビ料理で有名なお店に訪れた。事前に70匹とか100匹以上食べた人がいると噂になっていて、非常に期待が持てる。イセエビの半分くらいのエビをニンニクなどで味付けして、中身を食べるというもの。これが絶品!淡水の湖で取れるエビだそう。

IMG_4296

「これを食べるために来年も来たい!」と吉原六段。

依田九段、常昊九段、李昌鎬九段は以前世界大会で共に熱戦を繰り広げた戦友で、非常に仲が良い。久々の再開で楽しく会話に花を咲かせ、美味のエビを摘みに酒を交わした。

IMG_4294

IMG_4295

IMG_4293

囲碁普及への道のり

2016年06月03日

「囲碁」というゲームは、ルールを覚えてから楽しくなるために時間のかかるゲームです。
言い換えると技術を覚えて他人と対戦できるようになるまでに、どうしても根気が必要になるわけです。
いまは娯楽の多い時代。ゲームだってスマートフォン上で、いくらでも楽しむことができることもあって、囲碁をやってみようという人は少ないものです。
囲碁がある程度できる人(せめてアマ10級以上でしょうか)が増えないと、野狐囲碁だってユーザーが増えません。囲碁界全体を見渡しても、やってみようという人がいないので、ファン数が先細ってしまうのは目に見えています。ファンを増やすことは、業界にとって待ったなしのことなのです。
では何ができるのか。特に業界が何をすべきなのかについての答えを、先日行われたニコニコ超会議2016から考えてみましょう。
今回超会議では、囲碁に関連したイベントは2つありました。
最初はSUPER☆GiRLSの前島亜美さんが9路盤で鈴木歩七段に挑戦するというものでした。もちろんハンデはあって、3子局に加え鈴木七段は目隠し。プロが9路で目隠しというのはそんなに難しいものではありません。だからこそ前島さんの打ち方に注目していました。
前島さんは囲碁を覚えてまだ一年たっていません。グループのライブや舞台など忙しいスケジュール。そんな中、囲碁が上達しているとすれば、それは本気で囲碁に向き合ったということでしょう。結果はきれいな碁を打って勝利。きちんと勉強しているなという印象でした。(週刊碁にも棋譜が出ていました)
10代に囲碁が浸透するためには、同世代の著名人に打ってもらうことが不可欠。前島さんへの期待は大です。何より囲碁に対して謙虚なのがいいですね。星合志保初段がコーチについているということもいい感じ。二人は同世代でお互いに高め合っています。囲碁での露出を増やしていただき、ネット世代へアピールしてほしいものです。
もう一つのイベントは囲碁と将棋の棋士によるゲーム対決でした。
囲碁界が潤っていた時代であれば、棋士は囲碁を打つだけでよかったでしょう。バラエティ的なことをしないからこそ、棋士の権威を保っていたかもしれません。しかしいまは、棋士の魅力を発信する必要があります。ですから、超会議のトリとなった棋士のカラオケ対決は、その意外性から大いに可能性があると思っています。
今回大注目だったのは将棋の加藤一二三九段。タイトルをいくつも獲得した大御所に「ひふみん」というあだ名がついたことも画期的。囲碁界もそんな人をプロデュースするべきでしょう。
いくらネット時代とはいうものの、ひふみんが世間に知れ渡ったのは、地上波のバラエティ番組がきっかけでした。業界として、棋士をタレント化させテレビ番組での認知を狙うということも積極的にやったほうがいいのではと思っています。棋士は世間の常識から離れている人が多く、テレビ向きな人は多いはず。いかがでしょうか。
ひふみんの歌は、その独創性で絶賛されていました(ぜひ動画を探してみてください)。囲碁の認知度を上げるというのは、少しずつ業界の常識から離れることにありそうです。

 

記:内岡泰明(うちおか・やすあき)
級位者ながら囲碁界のニュースをウォッチングするのが趣味。囲碁イベントにもよく顔を出しています。仕事が早く終わった日に、家で野狐囲碁を楽しんでいる。

アルファ碁と囲碁界

2016年04月15日

グーグルが巨額の資金を投入して制作した囲碁AI「アルファ碁」の登場は、囲碁ファンに様々な感情をもたらしました。

 私の碁敵のひとりは「石を持つ気力もない」とポツリ。しばらく元気がありません。囲碁の棋士は、まだまだコンピュータに負けないと思っていた人ほど、アルファ碁の衝撃に落ち込んでいたようでした。

 一方、囲碁を知らない人と話していると、ゲームで勝っただけでしょと冷ややかな対応になる人がほとんどでした。

 この反応は、アルファ碁の衝撃を一面的にしか見ていないような気がしてなりません。私は、アルファ碁の勝利がもたらしたものは、AI進化の証明だったと感じています。なのにニュースを見るだけではいまひとつわかりにくい。

 ということで、このニュースをもっとわかりやすく表現する何かいい例えはないかなと思っていました。私なりの解釈にお付き合いください。

 ここではIBMの製作したAI「ワトソン」を例に考えてみましょう。

 この「ワトソン」くんは、クイズ王との対決にも勝利し、企業でも働いているスーパーマン(人工知能ですからスーパーAIといったところでしょうか)。そして、お料理レシピを考えるのも得意なんだとか。

 レシピ本を発売するとのことで、きゅうりのレモネードといったいままでの常識を覆すものも並んでいたそうです。

 そうそう、今回の李世ドル戦でも、奇想天外な手がありました。これは「週刊碁」の受け売りですが、棋士が今まで考えていなかったような手を打っていました。

 これは例えていうなれば、世界料理コンテストで、きゅうりのレモネードを出すようなもの。観客はびっくりしたけど、とっても美味しくて、三ツ星シェフに勝ってしまった感じでしょうか。

 今までの常識は前に進む足かせにもなっているのです。囲碁においていい形といわれるものは先人の知恵の結集であり、上達の役に立つものです。しかしトップ棋士がより強くなるには、その蓄積を捨てる勇気も必要なのでしょう。またまた週刊碁の記事からですが、トップ棋士ほどアルファ碁の登場を受容しているようでした。これは棋士のあくなき向上心を示しているものであります。

 人間がこれまで蓄積してきた知識は、これまでの進化には大きく役立ちました。しかし進化は加速度的に進みます。いままでの常識を疑い、いいものを生み出すことの繰り返しが、進歩につながります。

 きゅうりのレモネードも食わず嫌いするわけにはいけません。おいしいのか調べる必要がありますし、よりおいしくなるにはどうするべきなのかも検討すべきでしょう。

 アルファ碁の勝利のニュースに触れ、ふとこんなことを考えました。

内岡泰明(うちおか・やすあき)
級位者ながら囲碁界のニュースをウォッチングするのが趣味。囲碁イベントにもよく顔を出しています。仕事が早く終わった日に、家で野狐囲碁を楽しむのが日課。

囲碁と縁深い~すてきな景色Vol.1~

2016年02月28日

囲碁と縁深い~すてきな景色Vol.1~

因島

 野狐囲碁のFacebookホームページに掲載されている上記の写真。ここがどこだかご存知の方は、相当な囲碁通といっていいでしょう。

のどかな風景の先に海を望む美しい景色は、広島県尾道市にある因島のものです。因島といえば、幕末の名棋士・本因坊秀策生誕の地として知られています。おそらくこの写真はお墓あたりから撮影されたものではないでしょうか。
私も、お参りすれば1目強くなるという言い伝え(?)のある秀策の墓の墓参をしたことがあります。
お墓の近くには、秀策記念館があり、囲碁ファンならぜひ訪れたいスポットといえるでしょう。
記念館には、秀策が実際に打った盤石や書状が数多く残っています。地元の方々も秀策は「こいつは逸材になる」と思ったのでしょうね。残った資料が生き生きと保存されている様子を見るといかに秀策が周りから愛されていたかがわかります。

もし因島に行こうと思うようでしたら、年に2回開催されている「本因坊秀策囲碁まつり」に合わせるのがオススメです。大きな大会などで棋士も数多く集まるので上達にもうってつけ。ちなみに冬は女性限定の大会なので確認してから参加してくださいね。
尾道はのんびり穏やかなところで、ゆっくりするには最適。酒飲みにとっては広島の地酒を頂くのが、ささやかな楽しみです。尾道の穏やかな海は、夜になるとライトアップされていました。景色を見ながらの一杯は格別。地元特産の食べ物に、シメは尾道ラーメンだったなあ。
個人的には、はっさく大福がお気に入りです。地元名産の酸っぱいはっさくとあんこのコラボが絶妙ですので、ぜひご賞味を。
囲碁と旅行を一緒に楽しむのは、けっこう相性が良いのではないでしょうか。一日囲碁大会に参加しても会費は安いもの。その前後に観光をすれば一石二鳥というわけ。囲碁で知り合った地元の人に、コアなスポットを教わることもあるんですよ。いずれこのコラムで他の場所も紹介したいと思っています。
記:内岡泰明(うちおか・やすあき)
級位者ながら囲碁界のニュースをウォッチングするのが趣味。囲碁イベントにもよく顔を出しています。仕事が早く終わった日に、家で野狐囲碁を楽しんでいる。