観戦、対局、勉強、交流世界最大級の囲碁プラットフォーム

野狐囲碁

スライドイメージ

囲碁日記

囲碁と縁深い~すてきな景色Vol.1~

2016年02月28日

囲碁と縁深い~すてきな景色Vol.1~

因島

 野狐囲碁のFacebookホームページに掲載されている上記の写真。ここがどこだかご存知の方は、相当な囲碁通といっていいでしょう。

のどかな風景の先に海を望む美しい景色は、広島県尾道市にある因島のものです。因島といえば、幕末の名棋士・本因坊秀策生誕の地として知られています。おそらくこの写真はお墓あたりから撮影されたものではないでしょうか。
私も、お参りすれば1目強くなるという言い伝え(?)のある秀策の墓の墓参をしたことがあります。
お墓の近くには、秀策記念館があり、囲碁ファンならぜひ訪れたいスポットといえるでしょう。
記念館には、秀策が実際に打った盤石や書状が数多く残っています。地元の方々も秀策は「こいつは逸材になる」と思ったのでしょうね。残った資料が生き生きと保存されている様子を見るといかに秀策が周りから愛されていたかがわかります。

もし因島に行こうと思うようでしたら、年に2回開催されている「本因坊秀策囲碁まつり」に合わせるのがオススメです。大きな大会などで棋士も数多く集まるので上達にもうってつけ。ちなみに冬は女性限定の大会なので確認してから参加してくださいね。
尾道はのんびり穏やかなところで、ゆっくりするには最適。酒飲みにとっては広島の地酒を頂くのが、ささやかな楽しみです。尾道の穏やかな海は、夜になるとライトアップされていました。景色を見ながらの一杯は格別。地元特産の食べ物に、シメは尾道ラーメンだったなあ。
個人的には、はっさく大福がお気に入りです。地元名産の酸っぱいはっさくとあんこのコラボが絶妙ですので、ぜひご賞味を。
囲碁と旅行を一緒に楽しむのは、けっこう相性が良いのではないでしょうか。一日囲碁大会に参加しても会費は安いもの。その前後に観光をすれば一石二鳥というわけ。囲碁で知り合った地元の人に、コアなスポットを教わることもあるんですよ。いずれこのコラムで他の場所も紹介したいと思っています。
記:内岡泰明(うちおか・やすあき)
級位者ながら囲碁界のニュースをウォッチングするのが趣味。囲碁イベントにもよく顔を出しています。仕事が早く終わった日に、家で野狐囲碁を楽しんでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加