観戦、対局、勉強、交流世界最大級の囲碁プラットフォーム

野狐囲碁

スライドイメージ

囲碁日記

「アルファ碁は佐為?」

2016年02月12日

「アルファ碁は佐為?」

囲碁日記勝手読みVol.2

囲碁界にとって、黒船来襲のような、いやそれ以上の衝撃だったのではないでしょうか。
グーグルの開発した囲碁プログラム「アルファ碁」が中国棋院二段の樊麾氏相手に5連勝したというニュース。中国、韓国の囲碁ニュースをインターネットでみていると、この話題に独占されたかのようでした。このニュースは、まだまだ「コンピュータに打ってあげていた」はずの棋士にとって激震。中国では特集番組もあったようです。

このニュースは欧米でも連日大きく取り上げられています。ネットの記事をナナメ読みしたところ「アルファ碁」は自己学習機能があり、自分で一日100万局の碁を打ち勉強しているとのこと。ヒトの一生で打てる対局なんて、30年間毎日1局打ったとしてもおよそ1万局。1日でヒトが生涯かけて学ぶ量の100倍の経験を積んでしまうのです。
そんなにすごいプログラムなら、いつか囲碁を極めてしまうかもと考えて、思い直しました。

 「グーグルって、囲碁を極めたいと思って囲碁ソフトをつくっているわけじゃないんだろうなあ」。

おそらく、囲碁を打つプログラムをつくる過程というのは、人間の思考に近づくために大切なステップなのでしょう。
囲碁のプロは幼少のころから、ただひたすら修行の毎日。棋士の打つ碁は、英知の集結といいかえることができるかもしれません。棋士を破るということは、人間の思考を凌駕することの証明になっているのです。
グーグルは、人間以上の思考プログラムをつくることができるとアピールするために、囲碁プログラムをつくっている気がしています。

そんなことを考えていると、なんとなくヒカルの碁を思い出してしまいました。佐為がインターネット上で打っている場面です。
インターネットの世界で思う存分打ちまわしていた佐為ですが、消える日がやってきます。消えてしまったあとは、ネット碁の世界に2度と姿を現すことはありません。
3月には、世界チャンピオンに何度も君臨した李世ドル九段との対局がありますが、「アルファ碁」が世界チャンピオンに勝ったら、きっと人間と囲碁を打つ役目は終わりなのでしょう。ヒカルの碁で佐為が消えたときのように。
囲碁を制したとき「アルファ碁」の思考は、他の分野(報道によると医療・介護技術など)に応用されるわけです。そのときは囲碁の思考をすることはもうないのでしょうね。
囲碁ファンとしては、アルファ碁の棋譜をもっと見たい。そのためにも李世ドル九段に、人間のすごさを見せてほしいと思っています。

内岡泰明(うちおか・やすあき)
級位者ながら囲碁界のニュースをウォッチングするのが趣味。囲碁イベントにもよく顔を出しています。仕事が早く終わった日に、家で野狐囲碁を楽しむのが日課。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加